2005年06月08日

屈折性遠視とは??

角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こるのが「屈折性遠視」です。

多くの場合、遠くのものにはピントが合いますが、近くのものがぼやけて見えます。

非常に少ないですが、強度の遠視の場合は遠くを見ても近くを見てもピンボケして見えることがあります。

近視よりも深刻な症状であるといえるでしょう。


posted by リュウ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠視について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軸性遠視とは??

軸性遠視は、何らかの原因で眼球が変形して、眼軸が短くなることで起こります。

角膜や水晶体の屈折力にはなんの問題もありませんが、網膜が近すぎて、近くのものが見えにくくなってしまう状態です。

posted by リュウ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠視について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。