2005年06月21日

神戸クリニックとウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは、角膜の歪みを計測し、調整する技術を使い、さらに制度の高い手術を行うレーシックです。

人間の角膜には、近視や乱視とは別にぼやけの原因となる歪みがある場合があります。

レーシックを希望する方のうち、ウェーブフロントレーシックが必要となる方は、2%〜5%程度です。
(瞳孔の大きい方、職業的に高い視力を必要とされる方、乱視が強い方などが対象となっているためです)

ほとんどの方は、一般的なレーシックで十分な結果を得られると思われます。

ウェーブフロント技術を使用した治療では、一般的なレーシックに比べ、レーザーで切除する量が多くなります。

そのため、神戸クリニックでは、ウェーブフロントレーシックの対象者の方でも、将来の安全性や、患者さまの個々の眼の状態に合わせてもっともふさわしい治療法を選択しています。

神戸クリニックでのウェーブフロントレーシック実施医院は、広尾・三宮になります。



posted by リュウ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(1) | レーシック知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

神戸クリニック公式サイトでレーシック動画配信中
Excerpt: 神戸クリニックで<strong>レーシック手術</strong>の動画を配信しています。 これを見れば、<strong>レーシック</strong>のすべてが分かると思います。 とても分かりやすいですよ。 <a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=AQsz4*5yVGk&offerid=88996.10000157&type=4&subid=0"target="_blank"><IMG alt="手術体験動画配信中!レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉" border="0" src="http://www.kobeclinic.com/afm/banner/streaming.jpg"></a><IMG border="0" width="1" height="1" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=AQsz4*5yVGk&bids=88996.10000157&type=4&subid=0">
Weblog: 近視矯正手術レーシック総合案内所
Tracked: 2005-12-16 19:24

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック