2005年06月13日

エピセリームイングロース

フラップの下に角膜上皮細胞が進入して起こります。

上皮細胞は再生能力が高く、フラップ固着が不十分な場合に起こるといわれています。

この場合は、フラップを再度めくって洗浄することで治すことができるようです。

posted by リュウ at 21:18| レーシックの後遺症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック