2005年06月12日

レーゼックとは??

レーゼック(LASEKーLaser Epithelial Keratomileusis)は、PRKを改良した治療法です。

レーシックは、マイクロケラトームという器機で、角膜実質層の160ミクロンの位置にフラップを作りますが、レーゼックは角膜上皮50ミクロンの位置にフラップを作ります。

レーゼックのフラップ作成では、マイクロケラトームを使わず、特殊な金型で上皮に円形のしるしを入れ、アルコールでゆるくしてから上皮を剥離します。

網膜等に異常がある人にケラトームの使用は危険であるといわれています。

PRKに比べて、術後の痛みもほとんどなく、混濁もありません。

また、レーゼックはレーシックよりもフラップが薄いため、角膜侵襲による知覚変化が少ないなどの利点があります。

レーシックは「角膜実質層でケラトミレイシスをする」のに対して、レーゼックは「角膜上皮層で処置をする」ことを意味します。

posted by リュウ at 15:45| レーシック知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック