2005年06月08日

レーシックとは??

レーシックは、LASIKといい、Laser In-situ Keratomileusisの略です。

日本語では、「生体内レーザー角膜切開術」と呼ばれています。

レーシックは、PRKと同様にエキシマレーザーを使用することから、大変精度が高い技法であるといわれています。

また、PRKと比べて術後の痛みが少ない点、術後の回復が早い点などがメリットとして上げられています。

レーシックのデメリットとしては、フラップを作るという大変デリケートな外貨的措置を必要とするという点です。

未熟な医師が行うと術後の視力が十分に出なかったり、合併症を引き起こす可能性があると指摘されています。

posted by リュウ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。