2005年06月08日

RK手術とは??

RKというのは、Radial keratotomyの略で、日本語では「放射状角膜切開術」と訳されています。

RKは、角膜に浅い切れ込みを加えて、角膜の屈折率を変えるものです。

RKはその歴史も古く、約400万件の症例があるといわれています。

その中でも、失明のような重大な後遺症は報告されていないことから、非常に信頼されている手術法です。

RK手術のデメリットとしては、強度の近視や乱視の中には、RKで治すのが難しいケースがあるということです。

また、RK手術には手術直後に特殊な症状が現れる場合があります。

それは、暗いところで光を見ると星がまたたいているように見えてしまう「スターバースト現象」と呼ばれるものです。

しかしこれは、角膜が傷ついたことから起こるものなので、傷の回復とともに自然になくなっていきます。

また、「日内変動」と呼ばれる、夜になると視力が低下するといった症状が出るときもあります。

これらは個人差があるので、まったく症状が出ない方もいらっしゃるようです。

posted by リュウ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4223631
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック