2005年06月08日

軸性近視とは?

軸性近視とは、角膜や屈折力は正常で、網膜までの距離が長くて網膜の手前で焦点があってしまうケースの近視です。

通常の網膜までの距離(眼軸)は25ミリ程度といわれています。

しかし、これが2〜3ミリ伸びてしまう人がいるようです。

軸性近視の原因としては、遺伝性のものが大きいといわれていますが、手元などの近いところを見る生活習慣を続けたせいで眼軸が伸びてしまうこともあるようです。

強度近視の人に軸性近視を伴うケース
が多いようです。



posted by リュウ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 近視の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4215130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック