2005年06月07日

目でモノを見る仕組みは?

あなたは目の仕組みを知っていますか?

人間の目には、眼球と視神経、まぶた、結膜、眼筋などから構成されています。

この眼の仕組みは、よくカメラにたとえられます。


まぶた
眼を外から保護しているので、これは「レンズキャップ」の役割です。


水晶体

カメラでいうオートフォーカス機能です。
水晶体の厚みを薄くしたり厚くしたりしてピントを合わせます。


角膜
外からの光を通し、ピントを合わせる意味でカメラのレンズの役割です。


虹彩
光の量にあわせて瞳孔の大きさを調整して明るさを調整する意味でカメラの絞りの役割です。


網膜
カメラでいうフィルムに当てはまります。
網膜上に、角膜・水晶体を通った光が像を結んだときにモノをはっきりと見ることができます。


これが私たちがモノを見ているときの仕組みになっています。

こういった仕組みもぜひ頭に入れておくとよいですね。


posted by リュウ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 目に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック