2013年03月12日

レーシック難民について

レーシック難民について少し書いてみようかと思います。推測ですが、レーシック難民というのは、レーシックで後遺症が出たり、失敗した、といった方々のことを指しているのかなと思います。(2CHなどを見る限り)

ここで、ただ、ここであったことのない他の方について書いても仕方がないので、自分自身の体験談のみを書きます。

体験談として、夜に光が眩しく見えるというものは経験しました。これは年々弱まっているような気がしますが、まだ残っている印象はあります。

続いて、自分としては視力が落ちてきてしまっていること。
もともと0.1なかったのですが、0.7ぐらいまで上がり、今は0.4ぐらいの視力になっています。

こちらは、視力が落ちることは考えられるということを説明受けていたので仕方ないかと思っています。

それでも裸眼生活ができなかった自分としてはやはりやってよかったというのがレーシックの感想です。

ただ、レーシック難民と言われる方々には自分よりとても強い症状などが出てしまっている方がいらっしゃるようなので、あくまで私個人の感想です。

友人もレーシックをやっていますが、症状としては特別出てないようです。

手術を受けた医院、受けた時期、機器、担当医などによっても変わってくると思いますので一概に言うこともできません。

少しとりとめない記事になってしまいましたが書いてみました。
posted by リュウ at 13:22| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック