2005年03月02日

近視とは??

レーシックについて知る前に、「近視とはなんなのか?」を知ることはとても大事です。

近視になっている人でも、どういう仕組みで近視になっているかというのは案外知らないものです。

これを機会に少し知っておいてくださいね。

近視(レーシック知識)

(画像に関しましては、神戸クリニック様より許可をいただいております。無断転用厳禁)

要するに、通常は網膜においてピントがあうのが正常なのですが、近視の場合は網膜よりも前の方でピントが合ってしまうんです。

そのため、近くのものはよく見えますが、遠くのものはどうしてもぼやけて見えてしまうんですね。


では、どうしてピントが網膜の前であってしまうのか?

これは、一般的には「毛様体筋の疲労からきている」といわれています。

毛様体筋というものは、水晶体の厚さを変えてくれるものです。
この水晶体は、図を見るとわかるように、ピントを合わせる上でも非常に大切なものです。

で、近くを見るときというのは、毛様体筋が働き、水晶体を膨らませることでレンズを厚くしてピントを合わせようとします。


これが一時的なものならばよいのですが、現代社会ですと、パソコンなどでとにかく近くのものを見る機会ばかりになります。

そのため、毛様体筋が常に緊張した形になってしまい、疲れ目(眼精疲労)になってしまうのです。


近視について、もっと知る!

>>仮性近視とは?

>>軸性近視とは?

>>屈折性近視とは?
posted by リュウ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 近視の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2222165
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック