2005年02月16日

レーシックはなんで見えるようになる?

そもそもレーシックはなんで見えるようになるの?というところがまず疑問でした。

簡単に言うと、「眼の中にめがねを作る」ということみたいです。

メガネって、理科の授業でやったみたいに凹レンズや凸レンズですよね。
_
|_(

こんな風にへこんでる部分で光の屈折率を調整して矯正してます。
で、これをレーシックでは角膜を削ることによって眼の中に作ってしまうんですね。

だからこそ、ある程度の厚さがないと手術が出来ないわけです。
私の場合はかなりギリギリでした^-^;。

このことも説明を聞いてはじめて知りました。
先生の話を聞かないとわからないことばかりです。

興味があるという人は、やはり実際に体験されている方のお話を聞くのが一番だと思います。

posted by リュウ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1969428
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック