2005年02月16日

レーシック手術前診断(検査内容)

今回はレーシックの診断について書きます。

万全を期すために本当にいろいろな手術をします。
だいたい30分前後でしょうか。

主な検査内容は・・・

・角膜形状解析
・多角的屈折検査
・眼圧測定
・角膜内皮細胞検査
・角膜厚検査
・自覚的屈折検査
・瞳孔径
・細隙灯顕微鏡検査
・眼底検査

以上になります。
・・・たくさんありますね。

でも、一個一個はあっという間でした。
所要時間は全部で30分ぐらいでしょうか。

この中でも特に印象的なのが「眼圧検査」です。
目に空気を当てて目の硬さを測定するのですが、ピュッ!ってなるんです。

で、どうしても身構えちゃうんですね。
全然痛くないんですけど、なんか反射的に。

どれも、機械を使ってやるのですごくてきぱきと進みました==。

こんな機械です。
auc-292.gif
視力検査でよく見かけるヤツですね。
posted by リュウ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。