2005年04月11日

コンタクト洗浄液で角膜炎の恐れ(レーシックとコンタクトレンズ)

ニュースになっていましたので、こちらにメモしておきます。

■コンタクト洗浄液で角膜炎の恐れ=ボシュロムが出荷停止


米食品医薬品局(FDA)は10日、同国のコンタクトレンズメーカー、ボシュ・アンド・ロム(ボシュロム)が製造販売しているコンタクトレンズ洗浄液「レニュー(ReNu)」の使用で、フザリウム菌による角膜炎に感染する恐れがあるとして、使用に際しては洗浄方法など説明書の指示をよく守るよう消費者に呼び掛ける警告を発表した。これを受け同社は、レニュー各種製品のうち「モイスチャーロック」について、米国内での出荷を自主的に一時停止すると発表した。レニュー各種製品は日本でも販売されている。 

(時事通信) - 4月11日

洗浄液で、というのがちょっと驚きです。
レニューは結構有名ですよね。。。。。


洗浄方法など説明書の指示をよく守っていれば問題ないということのようなので、きちんとしたケアを心がけるのがやはりよいのかもしれませんね。



posted by リュウ at 12:01| Comment(0) | 目に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。