2005年03月25日

フェイキックIOLって何?フェーキックIOLについて

フェイキックIOL(PhakicIOL)です。

新たな技術であるフェイキックIOL(PhakicIOL)

フェイキックIOL(PhakicIOL)とは、白内障治療で使われるレンズと同じ素材で作成された人工レンズを眼の中に挿入し、近視・遠視・乱視を矯正する治療法です。


簡単に言うと、フェイキックIOL(PhakicIOL)とはレンズを目に埋め込むような形になります。

ope.jpg

そのため、取り除くことも可能になってきます。
ただ、手術代にプラスして、レンズ代がかかりますので少し高めになります。


このフェイキックIOL(PhakicIOL)でもっとも大きな点。


それは、レンズを入れるので、強度近視の方でも大丈夫!という点です。


レーザー治療が難しいといわれてきた−10D以上の強度近視の方や、現在の近視・遠視・乱視の度数に対して、角膜の厚みが不足している方もフェイキックIOLなら矯正が可能になります。


これは大変大きな点です。


なぜなら、今までなら手術不可能だった人も近視矯正が可能になるからです。


1986年にヨーロッパで始まったフェイキックIOLは、20年の歴史があり、現在では全世界で15万症例が行われています。


その安全性は、 2004年9月に世界でもっとも厳しい安全基準を持つアメリカの公的機関FDA(米国食品医薬局/日本の厚生労働省にあたる機関)によって承認を受けました。


さて、このフェイキックIOL

いくつかの問題(注意点)があります。

■手術の費用総額は、両眼で65万円(少し高め)
■手術は、片眼ずつ


というところです。


ですが、それでもー10D以上の方も手術可能というのは大変大きいです。


レーシック以外にもこういった近視矯正手術の選択肢が出来るのは大変よいことだと思います。

フェイキックIOLは神戸クリニック広尾でのみ実施。・・・・・・でも、遠くからでも安心!神戸クリニックの「遠方プラン」
posted by リュウ at 10:53| Comment(0) | レーシック知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

My Yahoo!に追加
【レーシック医院】
【私が受けた施術医院】神戸神奈川アイクリニック(旧神戸クリニック)
【人気・施術数ともにNo1】品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック